男子劣化社会
こころの知恵

男性は女性よりネット依存になりやすい

この変化し続ける不確かな世の中で新種の困難に直面した多くの若い男たちが、安全な場所にひきこもることを選んでいる。それは、自分で結末をコントロールでき、拒絶される恐れもない、自分の能力を称賛される場所だ。彼らにとってゲームとポルノはそんな安全地帯だ。そうして彼らはますますゲームに熟達し、腕を上げ、ゲームの中で高いステイタスと尊敬を勝ち得る。

この現象は女性には見られない。なぜなら、女性はたいていこの種の競争を意味のあるものとはみなさないし、ゲームの腕を磨いたところで尊敬は得られないからだ。一般的にゲームのチャットルームは、女性ゲーマーの参加をさほど期待していない。加えて、男性には女性よりも簡単にゲームにはまる性向がある。ロシアの研究者ミハエル・ブドニコフがコンピューターゲームへの依存性向を低中高のリスクに分類したところ、中リスクでは女性がわずかに男性を上回ったものの、高リスクでは男性が女性の三倍以上に達した(男性の二六パーセントに対し、女性は八パーセント)。

なにもゲームをすること自体が悪いと言っているわけではない。ゲームには多くの良い点があり、有益でもある。しかし、とりわけ孤立した状況で過剰にプレイすると、若者たちから、顔と顔を合わせた場での社交術を身につける能力や興味を奪いかねない。加えて、ゲーム中のアクションの多様性と強烈さに比べれば、学校など、生活の他の部分は退屈だ。その結果、成績が下がり、場合によってはADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断されて薬物治療が必要になる。それがさらに、のちに取り上げるが、他の問題を引き起こして悪循環に陥る。

そんな混乱をポルノがさらに増幅させる。ポルノ自体は、たまに見る程度の人や、目に映るものと並行する個人的体験がある人には、さほど大きな問題にはならない。けれども、性教育や実際の性体験がまったくない若者には深刻な問題を引き起こしかねない。事実、多くの男性が生身の人間ではなく、ハードコア・ポルノにより性的感覚を発達させている。私たちの調査でも、多くの若者がポルノのせいでセックスや親密さのあるべき形についてどんなに現実とかけ離れた、またはゆがんだ考えをもっているか、それゆえに実際の相手に欲情することがどんなに難しいかを訴えた。彼らにとって現実の性交渉はなじめない、不安を呼び起こす体験になりかねない。なぜなら、そこではコミュニケーション能力が必要となり、実際に身体と身体が結びつかねばならず、セックスや恋愛に対する独自の欲望をもった生身の人間を相手にしなければならないからだ。

また、過度にポルノを見ることが、集中力や情緒面での健康といった、生活の他の部分にどんなに悪影響をおよぼすかを訴えた若者たちもいた。彼らはポルノを見ながら自慰行為するのをやめたとたん、私生活や前途にポジティブな大変化が起きたことに気づいたという。

専門家たちもこの現象に気づいている。YourBrainOnPorn.com の創設者で Your Brain onPorn(ポルノ漬けの脳)の著者である生理学者のゲイリー・ウィルソンは、オンラインポルノの閲覧をやめようとしている若い男性たちがチャットルームに寄せた数百のコメントをまとめている。まず彼らは人付き合いの上での不安が劇的に改善されたと報告していた―女性との付き合いが楽になり、自信がつき、アイコンタクトが増えた、など。日常生活を送るエネルギーが増し、集中力が高まり、鬱が軽減し、さらにオンラインポルノを見ながら行う自慰を自発的にやめたあとには勃起力や性的反応が高まったという報告もしばしば見られた。

私たちはゲーム同様に、ポルノの過度な視聴もまた問題であると強調したい。だが、「過度な視聴」の定義は難しい。ポルノが成人におよぼす生理的かつ心理的な影響についての研究は増えつつあるものの、それらの多くが個人の気質やその他の外的要因をコントロールしていない。また、一八歳以下を対象にした同様の研究はほとんどなされていない。対照群としての「オンラインポルノを見たことがない若者」を見つけるのも困難だ。モントリオール大学のある研究グループは、当初、ポルノを利用している男性と利用していない男性の行動を比較しようとしたが、二〇代の男性参加者の中にポルノを見たことがない人物を一人も見つけられなかった。

加えて、ほとんどの衛生機関や心理学学会が正式にはポルノを依存の対象とは認めていない。最近になってやっと正真正銘の問題として認知されたインターネット依存症(IAD)の中に投げ込んでいる学会もあるくらいだ。それにもかかわらず、多くの若者―大半が男性―が、ポルノがどんなに自分たちの意欲や集中力、社交性、性的能力、世の中についての認識に悪影響を与えているかについて声を上げ始めている。彼らの証言を無視してはならない。彼らの症状は現実に存在するので、単なる一過性のもの、または想像の賜物だとして払いのけるべきではないのだ。

繰り返すが、女性もゲームはするし、ポルノも見る。だが、女性たちがそれらに費やす時間は男性とは比べものにならないくらい短い。ポルノを見るというコンセプト自体が、間違いなく男性のものだ。『性欲の科学』(CCCメディアハウス)によると、共著者のO・オーガスとS・ガダムが四億件のネット検索をふるいにかけたところ、そのうち五五〇〇件(約一三パーセント)がエロチックな内容の検索だった。そういった検索はいったい誰がしているのだろう? もちろん、男たちだ、ほぼすべて。オーガスとガダムによると、エロチックな小説は男性よりも女性により好まれているが、エロチックな画像や動画に関しては男性は女性の六倍も好んでいる。事実、BrazzersやBang Brosといった人気有料サイトの視聴者の七五パーセントが男性だが、実際に視聴料が支払われたクレジットカードの名義を見ると、わずか二パーセントしか女性でない。アダルトサイトによく使用される料金支払いサービスCCBillにいたっては、女性名での申し込みは虚偽の可能性ありとして警戒の対象にさえしている。

どうしてここまで違うのだろう? ポルノ愛好家の女性やエロ小説好きな男性が多くいたとしても不思議はないのにだ。オーガスとガダムはこれを、男性が「or」により欲情できるのとは対照的に、女性が欲情するには「and」が必要であるからだと説明している。つまり男性は、形のいい乳房 or 丸みをおびた尻 or MILF[mother-I’d-like-to-fuckの略でセクシーな年上女性のこと]など、一つの刺激で欲情できるのに、女性が欲情するには、かっこよさ and 子ども好き and 自信にあふれている、といった複数の刺激が必要なのだ。実際、ほとんどの女性がどんな種類のポルノにも肉体的には興奮するが、「and」の条件が満たされて初めて、心理的にもその気になる。さらに女性が欲情するには自分自身が、安全 and たまらなく魅力的 and 健康であると感じられる必要がある。「or」のパワーは、男性に性交渉の機会があればそれにつけこませている。女性はそうはいかない。ストレスの多い環境では、男性はかえって性欲が高まるのに反し、女性のそれは低下する。男性の脳はセックスと恋愛を切り離しているが、女性の脳ではその二つの神経系が結びついている。反対に、女性の脳は心理的欲情と肉体的欲情を切り離しているが、男性の脳では結びついている。男性と女性は別のエロチックな刺激により欲情し、違った方法でそれをプロセスし、それぞれの刺激に反応して異なる態度を取る。

なぜ若い男性がゲームをしポルノを視聴するのかを考察すれば、それらが彼らの全体的な劣化の症状であると同時に原因でもあることに気づくだろう。過剰にポルノを見たりゲームをプレイしたりすることと、その人物に社会的、性的、モチベーション上の問題が生じることは相互に因果関係があり、したがって逆もまた真なのだ。ゲームやポルノは社会的な孤立という悪循環を永続させる。それらがどんどん刺激的で真に迫ったものになり、リアリティとバーチャルが混じり合えば、男たちはますます自己中心的になり、そういった媒体の世界に閉じこもってしまうのではないか。

ポルノとゲームどちらか片方でも過剰使用は実生活に問題を引き起こしかねないが、両方の組み合わせは致命的で、通常の活動からのさらなる撤退、社会的孤立、他人それも特に異性と付き合う能力の喪失が生じかねない。ポルノにもゲームにも依存性があるが、これらの依存症は他の依存症と同じではない。アルコール、ドラッグ、ギャンブルの依存者が同じものをもっと欲しがるのとは対照的に、ポルノやゲームの依存者は、同じであって違うものを欲しがる。同じハイの状態を得るには目新しいものが必要だ。継続的に刺激を得るには、慣れこそが敵となる。私たちはこれを「興奮依存症」と呼んでいる。同じ量の性的刺激を得るには、常に新しい材料が必要となる。同じ画像を繰り返し見れば、短時間で興味は失われる。鍵となるのは、視的体験の斬新性だ。ポルノとゲームの業界はともに無限のバラエティをユーザーに提供する態勢にあるので、こういったデジタルのアウトレットと、生活の他の活動―とりわけ建設的かつ創造的な活動、単なる消費的な活動ではなく―とのバランスをうまく取ることは、個々人にかかっている。

(『男子劣化社会』より抜粋)

書籍データ

男子劣化社会
概要ゲーム中毒、引きこもり、ニート……いまや記録的な数の男たちが、社会からはじかれている。学業では女子に敵わず、女性との付き合いや性関係でしくじり、正規の職に就くことができない。世界的な不況や、社会構造の変化、そしてネットの普及が、彼らをより窮地に追い込み、ゲームやネットポルノの中に縛り付けている。本書は、行動心理学、社会学、生理学の成果などを駆使しながら、今、若者たち、特に男性にどんな変化が起きているのかを検証。さらにその原因を解明していく。社会の変化によって、「男らしさ」や「男の役割」も変更を迫られている。先進国共通の男子の問題に、解決策はあるのか?
タイトル男子劣化社会
サブタイトルネットに繋がりっぱなしで繋がれない
著者名フィリップ・ジンバルドー
出版社晶文社
刊行日2017年7月
判型46判並製
頁数344
定価2160
ISBN978-4-7949-6968-2