チベット仏教入門 背表紙
こころの知恵

なぜ世界でチベットの教えが関心を持たれているのか?

チベットの仏教はいま世界で広く注目され、実践されています。瞑想によって物の見方を変えることで苦しみから解放される、という伝統的な仏教の考えにあらためて光が当てられているのです。

†ダライ・ラマ法王

ダライ・ラマ法王は、ノーベル平和賞(1989年)受賞者で、世界でもっとも有名な仏教僧でしょう。初対面の人ともすぐうちとけ、誰に対しても分け隔てすることなく、いつも顔をくしゃくしゃにして笑っている。まるで子供がそのまま大人になったような天真爛漫なお人柄、と評されることが多いですが、ご自身では、もし仏教がなかったら、睡眠薬なしに眠ることはできないと語っておられます。

人間の幸福と苦悩は、何度もいいますが、第一には本人の思考様式、すなわち考え方・心構えによって決まります。たとえば、私たちチベット人は国を失って、難民になりました。……私はときどき、“もしダライ・ラマが頼るべきダルマの理解を少しももっていなかったならば、いまごろはもう、私は睡眠薬を飲まずには眠れなくなっていることでしょう”といって、人々と冗談を交わすのです。しかし、私は睡眠薬なしで元気にやっています。たとえ私がまだ何も悟ってはいないとしても、仏陀の教えに対するささやかな理解は、絶望的な日々のなかにあっても、たいへんな助けになるのです。(『ダライ・ラマ 他者と共に生きる』春秋社)

自身の出身地であるアムド地方の人は短気で有名だそうで、仏教修行のおかげで最近は怒ることが少なくなった、とも語っています(『思いやりのある生活』光文社)。ご自身の今の性格は、生まれつきというより、後天的な、仏教の修行によるところが大きいというのです。

実際、子供のころの写真を拝見すると、気むつかしそうで、とても天真爛漫、という感じではありません。

なぜ世界でチベットの教えが関心を持たれているのか?

かつて日本では、チベットの仏教を正統なものとは異なるという意味で「ラマ教」と呼んでいました。「ラマ」は直訳すると「上人」で、師僧のことです、チベット仏教は、ラマを崇拝する、特殊な仏教だというのです。

しかし、高野山大学で教鞭をとるためにダライ・ラマ法王から日本に派遣された学僧、ニチャン・リンポチェは、この「ラマ教」という言葉を別な視点から捉えられています。この言葉は、チベットを訪れたキリスト教の宣教師がチベットの信仰を「ラマイズム」と呼んだことに起源があり、キリスト教が創造主の命に従う「神教」であるのに対し、仏教は師である仏陀の教えに従って、自身も仏陀になることを目指す教えなので、「先生教」である。チベットの教えを正統とは異なるという意味で「ラマ教」と呼ぶのは間違いだが、「ラマイズム」という言葉自体は、一神教とは異なる仏教の特色をよく示している、というのです。

私自身、学生に仏教の特色を説明するときに、TVの深夜番組のダイエット商品のCMのようなものだ、と説明することがあります。CMでは、その製品の愛用者がその器具やサプリでこんなにスリムになった、と効果を語りますが、師僧のふるまいこそが、教えがどのように効果があるのかを示す実例なのです。

†仏教の目的──幸せになること

そのダライ・ラマ法王は、仏教の目的を「幸せになることだ」と言い切られています(『思いやりのある生活』)。これは、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれません。仏教は我を否定する教え、利他を説く教え、あるいは死者のための教えで、自分の幸せとは正反対のものだ、というイメージを持っている人もい少なくないのでは、と思います。

しかし、日本でもチベットでも、仏教の実践は、「人身得難し、今已に受く」(三帰依文)、自分がこうやって今人間として生まれて生きているというのは、例外的な幸運なのだ、ということに気づくことからはじまります。仏教という言い方は明治以降広まったもので、かつては仏道と呼ばれていました。仏教は道なので、順番を間違えてしまうと、目指す目的地には到達できません。

100パーセント満足してはいないとしても、自分の今の状況はかなり恵まれている、という自身に対する肯定的な感情が仏教の実践の出発点で、無我の教えも利他の教えも、それを前提として、その肯定的な感情を拡大するためのものなのです。

もちろん、それに対して、私はまったく恵まれていない、悲惨な状況だ、どこが恵まれているんだ、と反論する方も少なくないでしょう。しかし、当然のことですが、仏教を信じたチベット人やかつての日本人が、今の私たちと比べて物質的に恵まれ、健康で病気がなく、快適な環境ですごしていたわけではありません。

「100万円ないから、私は不幸だ」と考えている人がもし100万円手に入れることができたとしたら、しばらくは満足しているかもしれません。しかし、しばらくすると「1000万円ないから、私は不幸だ」と考えるようになります。1000万円が手に入れば、また同じで、しばらくすると「1億円ないから、私は不幸だ」ということになります。

「隣の花は赤い」というのが、私たちの心ですが、その心でいる限り、どこまで行っても、赤いのはいつも隣の花です。

健康な体をもっていても、破産した、リストラされた、離婚されて一人ぼっちになった、など様々な理由で、生きている意味がないと、死を選んでしまう人がいます。しかし、大金持ちで病気がちな人からすれば、その健康な体さえ手にはいるならば、1億円だしてもいい、と思うでしょう。

毎日学校へ行くのが嫌で、学校のない世界に生まれることができたら、と願っている人もいるかもしれません。でも、世界には学校に行くことができず、学校に行くことができたら、と心の底から願っている人も少なくありません。以前、『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス)という本が話題になったことがあります。人口比率を百人の村にたとえているのですが、「戦争に巻き込まれたことが一度もない」「飢えを一度も体験したことがない」というだけで、百人の村で少数派になってしまうのが、世界の現状です。

自分が持っていないものに目を向けるのではなく、自分が持っているものの価値に気づくこと、これが仏教の出発点です。

現在、世界で仏教に注目が集まっているのは、実際、社会で成功して物質的には何不自由ない生活を送っていて、しかし心は満たされず、仏教の教えは本当だと痛感する人が増えてきたためです。

(『チベット仏教入門』より抜粋)

書籍データ

チベット仏教入門 表紙
概要チベットの仏教はいま世界的に深く浸透しつつある。とくにその生と死の教えに関心が向けられている。チベットの伝統は古い形の仏教を残しており、それが現代の諸問題に対応しうるものとして注目されているのだ。本書はチベットにおける仏教の正統的な教えを解説した初めての入門書。必要最小限の知識を紹介したうえで、それを踏まえて仏教の実践へと進めるよう、教えの本質をやさしく説き明かす。豊かで深い心の世界への招待状。
タイトルチベット仏教入門
サブタイトル自分を愛することから始める心の訓練
著者名吉村均
出版社筑摩書房
刊行日2018年11月5日
判型新書判
頁数301頁
定価本体価格900円+税
ISBN978-4480071910